多重債務で大変

多重債務とは

 

多重債務というワードは金融サービスを利用する際に非常に重要になってくる要項です。つまり簡単に言うとたくさんの業者で借り入れしているという意味合いです。もう少し詳しくいうと多重債務のために新たな借り入れで審査NGになる場合があり、その基準も借り入れを新規で行う業者によって何社以上は不可といったような基準も異なってきますので、明確に何社以上であれば不利なのかというような基準もありません。ただし複数の借り入れをしている場合は基本的に新たな借り入れは不利になってくると考えて問題ないでしょう。

 

そして多重債務の怖いところは一社ずつ毎月返済を行わなければならないため毎月の返済額も必然的に多くなってしまう点です。そして更には金利管理や元本管理などが難しくなってくるため自分自身の現状を把握しにくいというところもデメリットです。そして何よりも信用契約の際に不利になるということが挙げられます。結果として未納になってしまうリスクであったり必要なサービスの利用ができないなどの弊害を伴う可能性があるのでできれば避けたい状況なのです。

 

多重債務で審査に通らない時おまとめローンという方法もある

 

先述したように多重債務の場合ですと審査が通らないケースというのもあります。金融業者側からすれば返済に対してのリスクが伴うという判断になるので借り入れができない理由としても納得できます。ただしどうしても借り入れを新たに必要とする場合などもあるかと思います。そういう時にはおまとめローンを利用するという方法もあります。

 

おまとめローンとは多重債務者が利用するローンで、そのローンで多重債務分の全額、もしくは一部と同等の金額を借り入れしてそのお金を使って他社の債務を先に終了させるというものです。そうすることで結果的におまとめローン一契約のみとなるので多重債務を抜け出すことが出来ます。それに返済しなければいけない一月の総計も抑える事ができるのでお財布にも優しいサービスなのです。

 

ですが元よりすでに未納を発生させている場合などは話が変わります。おまとめローンも通常のローン契約と同様審査を行った上で問題なければ貸出されるサービスですので、多重債務で実際に困った状況になってから利用してもすでに時遅しとなってしまうことも考えられます。ですのでできるのであればそうならない早めのうちから債務をまとめるように工夫するなどしておくことも大切なのです。

 

3社、4社、5社借り入れしている時のキャッシングのコツ

 

すでに3社、4社、5社と多重債務になっている場合、それでも借り入れが必要な方は新たに借り入れをするための方法を考える必要があります。何も手を打たずにそのまま審査を実施するとおそらく審査NGになるかと考えられます。
まずは先述したとおりおまとめローンを利用することをおすすめします。返済も月々ライトになりますので一番に考えたい方法です。ですがもしすでに審査に影響が出るような状況下であったのであればおまとめローンは利用できません。その時は中小規模の金融機関をあたってみます。大手の金融業者の場合はおまとめローンも借り入れ出来ない状況下ですとほぼ間違いなく審査に落ちますので、自社基準で広い利用層で貸出を行っている中小規模の金融業者を当たってみることで審査に通るケースもあるようです。

 

中小規模の金融業者も貸出できないような信用情報であった場合、最悪は自己破産で借金をすべて帳消しにしてから中小規模の金融業者を利用するという方法になってきます。債務事故でも現状の滞納以外の債務事故であれば柔軟対応してもらえる可能性があるためです。ですが債務整理も否決されてしまうようですと残念ながら手のうちようがありません。早め早めの攻略がキャッシングの成功率を高めると言っても過言ではありません。