大手の審査に落ちても借りれるキャッシングはある

審査の甘い金融で借りたい

お金を借りる際に当たり前のようについてくるのが審査です。金融商品はいわば信用取引ですので、信用に足る存在なのかどうかの厳正な審査を行った上でその業者で貸出ができると判断された場合に貸出が始まるのですが、当然信用に足らないと判断されるとサービスの提供はありません。信用の欠如となる原因は多岐に渡りますが多くの場合は低収入・無収入による返済責務の不充足、他社借入分の滞納などによるリスクの存在によるものです。

 

ある業者で審査が落ちても別の業者では審査が可決するというような話も多くありますがただし小中規模の金融業者の大半で断られてしまうようであれば残念ながらほとんどの金融業者は利用できないと思って間違いないでしょう。そこで次に考えるのが「審査の甘い業者で借り入れできないか」ということです。
ですが残念ながら審査の甘い業者と言うのは存在しません。各業者によって貸出ボーダーを定めているのでボーダーが低い場合はありますがだからといって甘く審査をしていると言うわけではありません。貸金業法に基づいて審査を行っているので、貸金業法に抵触してしまうような状況下での貸出はできません。ですので甘い審査を期待するのは辞めたほうがよいという回答になります。

 

プロミスの審査基準って何?

 

大手の金融業者の場合ですと推測の域にはなりますが審査基準の目安を公開しているホームページなどが存在します。
プロミスの場合ですと属性スコアリングシステムと呼ばれるものを利用しています。システム上で審査判断を行うのですが更に信用情報を確認した上で他社未納、複数借り入れ、金融事故状況を照会した上で審査を実施しています。審査に係るこれらの情報に不備がある場合や詳細の未提示などがある場合もシステム上弾かれることがあるようですので、なるべく丁寧に審査材料を提出したほうが良いとされています。

 

アコムの審査基準って何?

 

アコムの場合ですと審査の基準は非常に曖昧とされています。口コミなどを確認してもアルバイト歴1年でも10万円程度の借り入れができているにも関わらず商社勤務、年収500万超の方でも否決しているケースがあるので、実際の貸出ボーダーは明確に定まっていないとされています。その方の審査材料を比較した上で総合的にケースバイケースで判断されていると言われています。ただし信用情報を確認している点については先述のプロミスと代わりはありません。

 

モビットの審査基準って何?

 

モビットの審査基準としてまず着目したいのが利用可能年齢です。他の大手金融業者の定めている年齢が満69歳以下とされているのに対してモビットの場合は満65歳以下と少し低めになっています。更には他社の借入状況に含めて直近3ヶ月から6ヶ月勘の他社審査・申請状況も確認するようです。スコアリングの点数、個人属性などの確認に含めて口コミなどでも勤続年数1年未満での否決率が高いという評価もあるようで、個人属性の観点で勤続年数も大きな審査基準になっている可能性は高いと言えましょう。

 

アイフルの審査基準って何?

 

アイフルの審査に関しては属性スコアリングシステムを採用しています。その上で信用情報を重視しているということなのですが、個人信用情報機関管理の情報を照らし合わせるという点は他の金融業者も行っていますので特別な手法が利用されているということは無いようです。ただし利用に関しては20歳以上となっていますので18歳以上から利用できる金融業者もある中では少し遅目からのスタートと見受けられます。後は個人属性上定職がない場合、住所が不定の場合などに審査対象外になる場合があるようなのですが他の業者を含めて審査基準はすべて非公開ですのであくまで憶測です。必ずこれらを満たすことで審査が通るというわけでも無いのでご注意ください。