債務整理には色々な方法があります

債務整理の任意整理・特定調停・個人再生・自己破産

任意整理

 

債務整理の中でも、負債額がまだ少なめである方に向いている債務整理です。
司法書士が融資側と交渉をして、借金の減額や返済プランの見直しをします。
任意整理が成立後、作成された返済プランに沿って借金を返済していきます。
簡単に言えば、条件が変わればまだ返済が可能な場合の手段です。
裁判所が間に入らないので、あくまで専門家同士の交渉で解決するのが任意整理です。

 

ただしあくまで交渉ですので、融資側(銀行や消費者金融)が断った場合は成立しません。
過払い金状態になっていた場合は法的手続きも可能なのですが、それ以外は交渉失敗となります。

 

特定調停

 

簡単に言えば、裁判所を介した任意整理です。
間に裁判所が入る事で、債務に関する交渉の成功率を上げる為の手続きですが、最大のメリットは個人でも手続きができるということです。
専門家(司法書士・弁護士)の力を借りずに手続きができるので、知識があれば費用を節約できます。

 

ただし任意整理と同じで、交渉が成立しなければ成立しません。
裁判所が間に入っているとはいえ、返済計画や債務者の信用次第ではむしろ融資側を後押しする場合もあるので、必ず特定調停に持ち込めるとは限らないのです。

 

個人再生

 

簡単に言うと、借金を1/5まで減らすことができる任意整理です。
裁判所に個人再生の申し立てをし、成立すれば借金減額になります。
任意整理や特定調停と違い専門家が裁判所に申し立てるので、成立すれば絶対に借金減額になります。
条件としては、その1/5の借金を返済する能力がある事なので、収入はあるが現状の借金は返せないという方向けです。
特別な事情が無い場合は3年以内での返済になり、この3年返済が可能と判断された場合のみ個人再生が成立します。

 

自己破産

 

債務整理=自己破産と言われるほど有名になり、メリットだけが独り歩きしている制度です。
基本的にすべての借金が帳消しになり、まさに人生の再スタートが可能になります。
ただし財産(持ち家、土地、資産価値が高い物)がある場合全てを処分してからでないと手続きができないので、いつでも誰でも借金が帳消しになるという制度ではありません。

 

自己破産が最適という方も多いのは事実ですが、必ずしも自己破産が一番いい方法という訳ではありません。
何のリスクもなく借金が帳消しになるというイメージが付いてしまっていて、自己破産の必要が無い人も選びがちです。
まずは専門家に相談して、自身に合った債務整理を選んでもらいましょう。

 

債務整理って費用はいくらかかるの?

 

基本的には、裁判所に申し立てる際の経費+専門家(司法書士・弁護士)への報酬です。
経費はある程度金額が決まっていますが、報酬は特に金額が定められている訳ではありません。
しかし、これだけ債務整理(特に自己破産)が有名になっている世の中なので、他の事務所より高額の報酬を取っていたら誰も相談には来てくれません。
故に総額はどの事務所に相談しても大きく差は出ないのが現状です。

 

任意整理

 

単純に、何社から借りていたかで値段が変わります。
1社なら5万円以内で済むことが多いですし、10社以上になると20万円以上の費用が掛かります。
とはいえ10社以上なら普通は自己破産や個人再生の領域なので、任意整理の一般的な費用としては10万円前後だといえます。

 

特定調停

 

極論個人でもできる手続きなので、全て自分で行うのであれば裁判所に払う手数料のみになります。
専門家に相談する場合は、任意整理とほぼ費用は変わりません。

 

個人再生

 

債務整理の中でも一番高額になりがちなのが個人再生で、大体30万円前後の費用が掛かります。
1/5になるとはいえ返済もあるので、おそらく総額が一番高くなるのが個人再生でしょう。

 

自己破産

 

任意整理と同じく、借りていた会社の数次第なのですが、何故か費用的には個人再生より安めです。
例外を除き、20万円前後で全ての手続きが可能です。
言ってしまえば支払い能力が無いからこその自己破産なので、その点が考慮されているのかもしれません。
ただし手続きの複雑さや数次第では個人再生より高くなる可能性もあります。

 

そしてすべての手続きに言える事ですが、まず一括払いにはなりません。
大体は払える範囲の分割で支払う上に、過払い金などで戻ってきたお金は手元に残るので、そのまま費用支払いに回せます。
どうしても払えない場合は民事法律扶助という、専門家に払う費用を立て替えてくれる制度もあります。
とはいえこれは借金なので、あまり分割払いと違いはありません。
そもそも債務整理を相談している時点で家計状況を全て知られている訳であり、専門家は無理のない支払いプランを組んでくれます。

 

債務整理の費用が払えないのであれば、現時点での借金返済も当然不可能です。
費用の心配をするよりは、一刻も早く債務整理の相談を専門家にする事をお勧めします。