任意整理をすると何かペナルティがあるのか?

任意整理のメリットとデメリット

ここでは任意整理のメリットとデメリットについてご紹介しますね。

 

メリット

何といってもスピードです。
裁判所を間に挟まないので、専門家(司法書士・弁護士)と融資側の話し合い次第では即決着がつくこともあります。
また任意整理成立後の利息は基本無くなるので、返済はかなり楽になります。
長期の支払いで過払い金になっている場合は、任意整理の時点で返済が終わる可能性もあります。

 

デメリット

ブラックリスト入りするので、最低でも5年間は借金ができなくなります。
これは消費者金融や銀行カードローンに限らず、車の分割払い購入やクレジットカードの申し込みも厳しくなるので、現金一括以外の支払い方法が選べなくなると言った方が正確です。

 

また、法律上は5年間のブラックリスト入りですが、解除された後も借金の審査は非常に厳しくなります。
結局ブラックリスト入りの情報は金融機関で出回ったり共有されるので、大手消費者金融や銀行系カードローンの審査はほぼ通らないと言ってもいいでしょう。
結局5年後以降も融資側の判断次第なので、借金という手段は使えないと考えてください。

 

また任意整理は減額相談であり明確な基準がないので、他の債務整理に比べて借金の減額は少なめです。
そして融資側との交渉なので、融資側は任意整理拒否する事ができます。
必ず成立するとは限らないのが、任意整理の特徴です。

 

実際のところ、メリットとデメリットのバランスが取れていない債務整理です。
ブラックリストに載るのは個人再生でも破産宣告でも同じなのに、借金の減額はそれ程でもありません。
債務整理を考えるほどの苦境であるならば、他の手段の方が効果的なのです。
おそらく相談時に、専門家が状況に合った債務整理を勧めてくれます。
任意整理をお願いするというよりは、どうしたらいいかを相談しましょう。

 

任意整理をするのにぴったりなのはどんな人?

 

正直な所、任意整理が最適な人というのは中々居ないと思います。
費用的には借り入れしている業者の数次第でいくらでも変わりますし、債務整理の相談の時点で支払いが厳しい状況に陥っています。
そう考えると、個人再生や自己破産を選ばずに任意整理で解決するパターンとしては限られてきます。

 

・借り入れは1社〜2社程度でも、借金総額が返済不可能なレベル(費用面が安い)
・返済期間が長く、ほぼ間違いなく過払い金が発生する人(実質返済額が少ない、または無い)
・資産を大量に持っているが、そこに手を付ける訳にはいかない人

 

無理に挙げてみましたが、資産関連は個人再生でも問題ありません。
結局の所債務整理を行うと、ブラックリストに載ってしまうのです。
任意整理ならブラックリストに載っても、5年後の借り入れは他より甘い等という事はありません。
ブラックリスト入り自体が融資の壁なので、載ってしまった時点で自己破産でも任意整理でも差は無いのです。

 

任意整理は業者が少ない場合確かに費用は安くなるのですが、肝心の借金総額の減額自体がそれ程でもないので、総額で考えると個人再生と差が無い可能性があります。
最低でも1/5になる個人再生や帳消しになる自己破産に対し、任意整理は融資側との交渉で借金を減らす制度です。
断られる可能性もありますし、大幅な減額であればあるほど融資側も受け入れ辛いでしょう。

 

結論として、債務整理の段階まで来ているのであれば個人再生や自己破産で相談しましょう。
過払い金でほぼ帳消しになるという例外でもなければ、任意整理で済ませる理由は手続きの早さ位しかありません。
メリットは小さくデメリットはそれほど変わらないので、特定の方以外には縁のない制度です。