総量規制外でキャッシング出来るのか

総量規制以外で借りたい時にはどうしたらいいのか

現在施行されている貸金業法の内容で総量規制というものがあります。これは簡単に言うと個人の年収の3分の1以上となる金額の借り入れはできないというものです。つまり年収が300万円であれば審査上通過しても借入可能額の上限は100万円までということになります。

 

この総量規制以上に借り入れを行うことは基本的には出来ないのですが、目的別ローンだけは別です。住宅ローンやマイカーローンの場合は目的が決まっていることを条件としますので総量規制対象外なのですが、キャッシングなどの目的なしのローンの場合は対象外の貸出は不可となります。

 

総量規制外で借り入れを必要とする場合、その理由が目的別ローンでまかなえるのかどうかを確認し、もしできるのであれば目的別ローン借り入れを検討、もし不可なのであれば借入可能額で治めるために例えばクレジットカードとプラスしてローン契約を行うなどの代用方法を考えるほうがよいでしょう。
もしも総量規制以外で貸出を許容する業者が出てきた場合、その業者は法律を順守していない悪徳業者の可能性が高くなります、甘い言葉に誘われるがまま利用するのでは無く、少しでも怪しいと思えば利用しないという選択肢も大切なのです。