申し込みブラックにならないよに気を付けるべきこと

申し込みブラックとは

ブラックリストには大きく2種類あります。

 

1つ目が、支払い情報などから起こるブラックと、2つ目が、申し込み履歴によるブラックです。
クレジットや、消費者金融、各種ローンなどの個人情報信用機関を利用する企業からの閲覧=申し込みが履歴として残ることから起こるブラック要素になります。

 

よく、申し込みの際に他社のことを聞かれることがあると思います。
これは申し込みブラックを確認するための1つの作業と思っていただければわかりやすいと思います。
もちろん審査要素の1つでもあります。

 

この申し込み履歴というのが、個人情報信用機関の中に残ります。
審査に使う企業は、この申し込み履歴を判断材料の1つとして捉えています。

 

A社で3日前に申し込みをし、B社で申し込みを新たに行った場合
A社で申し込んだという事実が、B社にはわかってしまいます。
この事実によって、本来審査が通る人でも、審査が通らない可能性が出てくるというわけです。
簡単に言えば、多重債務の防止による取り組みです。
貸付側からしても、多重債務になってしまうと、債務整理に繋がる可能性が非常に高くなってしまいます。
こういった、いかなる事情であっても、踏み倒されたくないのが貸付側の本音なんです。

 

では、そんな申し込みブラックの対策をご紹介します。

 

申し込みブラックにならないようにするには

 

申し込みブラックの仕組み

申し込みブラックになるのは、
『短期間で複数の会社への申し込み』にとなります。
ですので、この短期間の期間がわかれば、申し込みブラック自体は防ぐことは可能です。

 

申し込みブラックの期間は6ヶ月間です。
この6ヶ月間の間は、履歴がバッチリ残っています。

 

申し込みブラックにならない申し込み方法

先ほど6ヶ月と言いましたが、いつから6ヶ月というのはわかりづらいと思います。
閲覧した日から6ヶ月ということなんですが、審査が複数日に及んだ場合など、わかりづらいケースは様々です。
申し込んだ月+7ヶ月目が、一番安全な申し込みブラックにならない申し込み方法となります。

 

また複数申し込んでしまった場合は、『最後に申し込んだ日』からの計算となりますので、気をつけてください。

 

申し込みブラックになった時の対処法とは

 

一番簡単なのは、大人しくしておくことです。
要は6ヶ月情報が残ってるから、残ってなかったらOKということなんです。

 

そしてもう一つあります。
それはスーパーホワイトの改善です。
期間を開けることになりますので、信用情報が完全に消えてしまう可能性もあります。
そうなってしまうと、逆にお金を貸してくれないということが発生しかねません。
この情報が何もない方のことを、『スーパーホワイト』と呼びます。
落ちた原因がスーパーホワイトなら…という過程でその対処法をご紹介します。

 

スーパーホワイトを防ぐには

 

債務整理後に、よくあるトラブルです。
個人情報信用機関の情報がなさすぎて不安を煽ってしまうというのがこのスーパーホワイト。
1社目がそれで落とされて2社目で申し込みブラックで審査落ちというのは少なくありません。
スーパーホワイとがきっかけであれば、ただのホワイトになればOKなんです。
そのための有効手段は『ショッピングローン』です。

 

よく通販などで分割できます!みたいな表示があると思いますが、これもショッピングローンです。
この他にも、携帯電話の分割購入や、ネットショップ分割購入など様々あります。
そのショッピングローンを絶対に遅れずにホワイトな履歴を作ってください。
無駄な買い物になってしまうかもしれませんが、生活必需品でも可能な方法です。