女性のためのキャッシング

レディースローン夫に内緒で借りたいならどこがいい?

 

レディースローンという名称のサービスの金融商品を取り扱う金融業者が多くなっている中、違いがわからないと思われる方も少なく無いと思います。実際はサービスの内容はほぼほぼ変わりありません。女性スタッフの対応、女性限定の利用などが挙げられるのですが、その他にもご主人などを始めとする他の身内の方に明かさずに利用することができるというのも挙げられます。

 

インターネット上でも旦那様に内緒で借り入れするのであればどこがいいのか、というような記載の記事が出ていたりするのですが、実際のところはどの金融業者でも正規のレディースローンを展開しているところであれば基本的に誰かに情報を開示したりするということがありません。審査基準上利用される女性の方自身に問題がなければ誰にも明かされず利用は可能です。ただし間違ってはいけないのが絶対に連絡などで他社に明かされないという約束は無いということです。規約違反をしてしまったり滞納を起こしてしまうとどうしても金融業者は連絡・催促を行いますのでそうした不備を起こさないことで内緒で借りることが可能になります。

 

レディースローンは専業主婦でも借りれるの?

 

他に多い質問としてはレディースローンは主夫でも借り入れできるのかというものです。確かに女性の多くに主婦の方もいらっしゃいますしその方々では仕事をされておらず収入が無い方が多いことかと思います。ですがその場合でも借り入れが出来る場合はあります。借り入れの基本条件として返済可能な定期的かつ安定した収入があることというのは条件ですのであくまでもパート収入などがある場合などに限定されることがほとんどですが、借り入れできないのでは無いかと諦めずに相談することで審査に可決される場合もあるのです。また定期的かつ安定した収入(自分自身で得られる収入)がない場合でも世帯収入の証明を行うことによって借り入れできる場合もあります。ただしそれらは提供する金融業者によって審査内容や受付可否は異なりますので、レディースローンを提供している会社であればどこでも借り入れができるということではありません。

 

さらに言えば審査内容で収入が無い女性だから優遇されるということは決してありません。総量規制内で年収の3分の1以内の貸出に限定と言う条件は同じですし、他社での重複した貸出などでも審査落ちになる可能性があるのは全く同じです。レディースローンだからといってその点も憂慮されるわけでは無いのでまっとうな審査の結果貸出可否が決まります。

 

専業主婦とパートでお金を借りる時の違いって何?

 

主婦の中でも専業主婦(個人の収入を持たない方)とパート併用の方などと分かれてくることと思います。ではこの場合にレディースローンの借り入れのしやすさや借入可能額に影響はあるものでしょうか。
回答としては多少なりと影響はあります。総量規制と呼ばれる観点からも借り入れをする個人の収入の3分の1以上の貸出はできないので、個人の収入がない場合、そもそも貸出できないと審査上判断する業者もございます。そのため貸出するかしないかの判断から影響が出ると入っても過言ではありません。その上で貸出が可能のなった場合でも占術の総量規制の観点から何円まで貸出ができるのかという貸出上限の設定でもやはり収入がある方であればその中の3分の1を選定するので個人の収益が高ければ借入可能額も増えてきます。例えば月々5万円稼ぐとして年間60万円の年収を稼いでいる場合、この方は単純計算で最高20万円の借り入れが可能ですが収入がない場合は最高10万円までなどと制約が厳しくなることがあります。その点の詳しい違いに関しては各業者によって異なる可能性があるため、気になる点は利用しようと思う業者に直接確認してみるとよいでしょう。