個人再生をして大丈夫か迷っている方へ

個人再生のメリットとデメリット

メリット

 

債務整理の中でも、個人再生はメリットが大きい制度です。
自己破産と違い財産を持ったままで最低でも借金を1/5に減らす事ができ、何も失わないままの再スタートが可能になります。
マイホームを手放さずに借金だけを大幅に減額できるので、事情によっては自己破産より便利な制度です。
基本的に、マイホームを持っている方の為の債務整理と言っても過言ではありません。

 

デメリット

 

特別な事情でもない限り、個人再生の返済期間は3年になります。
逆に言うと1/5以下になっても3年以内で返せないような額になっている場合は、個人再生の手続きはできません。
あくまで専門家や裁判所が返済可能と判断した場合にのみ成立するので、財産を処分したくないから自己破産ではなく個人再生を選んだとしても、それは借金総額と収入次第です。

 

ただし住宅ローンはこの1/5の対象ではありません。
残りローンも月々の支払いも一切変わらないので、支払いの相談はローンを組んだ業者にお願いしましょう。
そしてこの住宅ローンを長期間滞納した状態で個人再生の相談をしても、手遅れの場合があります。
この場合自動的に自己破産を選択することになり、マイホームは競売に掛けられます。
すぐに債務整理を考えるのは難しいかもしれませんが、個人再生を利用する場合は早めに決断することをお勧めします。

 

個人再生の条件って何?

 

個人再生は自己破産と違い、多少の制限があります。
代表的な条件としてはこの3つです。

 

・ある程度苦しい経済状態である事(自己破産と変わりないレベル)
・借金総額が5000万円以下である事(住宅ローンは対象外なので含まれません)
・個人再生で返済が可能だと認められる事(基本的に3年での返済になります)

 

上記2つは引っ掛かる方は少ないと思います。
元々債務整理を考える方が苦しくない訳がないのです。
ただ、財産を処分できない事情があるからこその個人再生であって、自己破産ができるならそうしているという方も多いでしょう。

 

2つ目の総額5000万円は、住宅ローン以外の借金なのでまず引っ掛からない筈です。
というより個人で5000万円以上の借金を抱えているのであればもう自己破産一択でしょう。

 

この中で一番難しいのが、3年で減額分の借金を返せる現実的な計画が作れることです。
個人再生は大体総額の1/5になる訳ですが、この制度を利用する方の大半は住宅ローン持ちです。
つまり住宅ローン+3年以内での借金完済が条件になるので、月々の住宅ローン支払い金額次第では、個人再生は難しいパターンも多々あります。
特にこの3年という条件がネックで、金額が大きい場合は3年に圧縮すると月々の支払いは、個人再生適用前とそれほど変わらないという事もありえます。
借金が1/5になったからといって、生活が楽になるかというとそうでもないのが個人再生の厳しい所です。

 

実際の相談では、個人再生では無理だと判断されたら自己破産を勧められると思います。
そうなったら素直に諦めて、自己破産で人生の再スタートを考えましょう。

 

個人再生のポイントって何?

 

個人再生は、借金総額が1/5近くになる制度です。
金額範囲によって減額割合が違うので、総額によっては1/10になる事もあります。

 

100万円未満

 

この場合は、借金全額が減額になります。
実質自己破産と同じく借金帳消しなので、一番お得なのがこの範囲でしょう。

 

100万円以上500万円未満

 

この場合は100万円になります。
500万円の場合は文字通り1/5ですが、200万円〜300万円の場合は100万円なので、減額割合的には微妙です。
結局は家庭の収入状況によるので、200万円で苦しい場合は自己破産も視野に入れましょう。

 

500万円以上1500万円未満

 

この金額帯は、総額に関わらず1/5です。
とはいえ1500万円の場合1/5になったとしても、300万円の借金を3年以内で返すことになるので楽とはいえないでしょう。

 

1500万円以上3000万円未満

 

ここは割合ではなく、一律300万円になります。
最大で1/10に近くなりますが、3年返済なので住宅ローン以外で個人が背負う借金総額としては中々見られません。
この価格帯は企業の立て直し等で適用される場合が多く、個人で3000万円近い借金を背負っている場合は自己破産を選ぶ人の方が多いでしょう。

 

3000万円以上5000万円以下

 

5000万円以上は個人再生の適用外なので、最後の金額帯です。
ここは1/10になり、減額だけを見れば最大になります。
ただ基本的に個人で申請する金額帯ではなく、中小企業の再スタートがメインです。
3年で500万円近い借金を返す場合、月々の返済額が14万円になります。
住宅ローンに加え14万円の返済が可能なら、個人再生に頼るような事にはならないでしょう。

 

このように金額次第でかなり違うので、自身の借金総額を把握してから個人再生か自己破産かを選びましょう。
というより判断するのは専門家と裁判所なので、最初から無理な返済計画は不可能です。

 

個人再生の流れ

 

個人再生は、債務整理の中でも一番時間のかかる手続きになります。
まず全ての借金を専門家が把握し、総額を計算します。
自己破産と違い、相談者の持っている財産も資産価値として算出しなければならないので、何度も何度も書類を持って司法書士・弁護士の事務所を訪ねることになります。
大体この期間が3か月〜6か月以上掛かります。

 

そして書類を全て揃えて、裁判所に個人再生の申し立てをします。
この期間は債権者からの取り立てが一切無くなるので、この間は節約しつつ生活しましょう。
個人再生が成立するにせよしないにせよ、その後は返済生活のスタートです。
逆に言えば、一切取り立てのないこの時期が一番貯金できる期間です。

 

申し立て後、再生手続きの開始決定がされると、債務者は手持ちの財産の目録や、各所からの借金の明細等を提出します。
ここから減額された借金を3年で返済する、具体的な返済計画を立てていきます。
勿論専門家の手を借りて作成するのですが、この再生計画案が認められなければ全てが振り出しに戻ってしまいます。
現在の収入を考えて、誰が見ても現実的に可能である返済計画を作成しましょう。
それが債権者に認められれば、裁判所は個人再生を認可します。
ここでも大体3か月程度掛かります。

 

この3年の返済中、監督委員と呼ばれる監視者の元、3年間での返済計画を実行します。
ここも個人再生の期間と考えると、申請1年+返済3年で4年程度は平均でも時間が掛かるのです。
そしてマイホーム持ちの場合、3年返済+マイホームローンになるので、決して借金が減額されたとはいえ、楽な生活にはなりません。
何があっても手持ちの財産は手放さないという強い覚悟がなければ、個人再生を最後までやりきる事は難しいでしょう。

 

個人再生と自己破産を比較してみる

 

さて、個人再生と自己破産はどちらがいいのかと思う方も多いでしょう。
結論から言うと、事情が複雑でもない限り自己破産の方が金額的には有利だといえます。
まずメリットだけを見てみましょう。

 

個人再生

 

財産が残せる+借金が大幅に減額される

 

自己破産

 

借金が帳消しになる

 

次にデメリットですが、共通しているのはブラックリスト+5年〜10年の借り入れ不可です。
ではデメリット違いを見てみましょう。

 

個人再生

 

減額されたとはいえ、3年に返済期間が圧縮される
住宅ローンは一切変わらないので、月々の支払総額はそれほど変わらない

 

自己破産

 

マイホームは売らなければならない

 

そう考えると、引っ越したくないor土地を手放す訳にはいかないという事情が無い限りは、自己破産を選んだ方が生活は楽になります。
それもそのはず、借金が消える自己破産に比べて個人再生は3年制約での強制返済ともいえます。
逆に言うと、個人再生をして良かったと思えるのは3年後なのです。

 

精神的な事を言えば、自己破産はいきなり借金が帳消しになるので、その後の生活を見直すきっかけにはならないかもしれません。
個人再生は成立後も3年間の借金生活を続けるので、解放された後には無理のない金銭感覚が身についている可能性もあります。
とはいえこれは個人の問題なので、結局その後の生活がどうなるかは本人次第です。

 

結局金銭的なメリットだけで見ると、どう考えても自己破産の方が強いです。
どうしても手放せない財産がある方以外は、自己破産で再スタートをする方がいいのではないでしょうか。