自己破産をした方がいいのかどうか迷われている方へ

自己破産のメリットとデメリット

自己破産は借金をチャラに出来るのでマイホームやマンションをお持ちでない方には人気の債務整理です。
では自己破産のメリットとデメリットをご紹介しますね。

 

メリット

 

なんといっても借金の帳消しでしょう。
法律的な手続きによって借金を帳消しにするので、合法的に人生をやり直せると言っても過言ではありません。
全く出口の見えない借金地獄が長ければ長い程、自己破産が成立した瞬間は何とも言えないものがあります。

 

デメリット

 

資産価値のあるものを処分してからでないと手続きができないので、誰もが使える制度ではありません。
特にマイホームをお持ちの方は、その物件が売れるまでは身動きが取れないというジレンマに陥る可能性があります。
今はそもそもマイホーム購入を考えていない方も多く、場所によってはいつまでも売れない事もありえます。

 

そして債務整理共通ですが、ブラックリストに載ります。
期間は5年〜10年ですが、基本的に二度と借金はできないと考えてください。
普通に考えれば、一度借金が払えなくなって帳消しにしたのですから、もう一度融資してくれる金融機関など余程の事が無い限りありません。

 

自己破産後は完全に現金生活になるので、まずは生活を見直しましょう。
臨時出費の可能性も考えて、常にある程度の貯金をしておかなければ簡単に生活が詰んでしまいます。
過去の借金生活と違い、手持ちの現金が無くなってしまえばもうどうにもならないのです。

 

自己破産をする流れ

 

まず自己破産前に処分すべき資産が残っている場合、それらをすべて手放してからでないと手続きは進みません。
そして生活に必要でない資産を処分した後、まずは債権者全てに連絡をします。
自己破産は全ての借金が帳消しになるので、忘れずに全ての借金を報告しましょう。
ここで報告しなかった借金が後から発覚しても、それは帳消しになりません。

 

借入している件数や種類にもよりますが、すぐには終わりません。
最短3か月、平均6か月と言われていますが借り入れ状況次第なので、人によっては1年かかる事もあります。
中には成立してしまう前に示談をしようとして自宅などに来る業者もあるので、この期間は気を抜かずに対処してください。
法律上、この期間は「取り立て」はできません。
しかし実際には、返済計画の相談に乗るから考え直してくれと言ってくる業者は多く、自己破産を何とか止めようとしてきます。

 

そして専門家が裁判所の申し立ての書類を完成させて、自己破産が成立するまでも1ケ月〜2か月掛かります。
とはいえこの間は借金を返済する必要が無いので、当面の生活費さえ稼げていれば問題ありません。
時間は掛かりますが、ここで裁判所に蹴られることは殆どありません。
弁護士や司法書士が申し立て書類を作るという事は、それで通るからこそです。

 

そして自己破産が成立すると、全ての借金の支払い義務が無くなります。
この後管報という国の機関紙に住所氏名が載るので、知らない業者からの手紙が極端に増えますが、全て無視しましょう。
ほぼ全てが闇金や違法業者からの手紙なので、相手にする必要はありません。

 

破産手続きをしても帳消しにはならない

 

さて、基本的に自己破産は全ての借金を帳消しにする制度ですが、この中にも例外があります。
基本的には借金というより滞納金で、税金や交通ルール違反等の罰金、または一部の慰謝料や損害賠償金は支払い義務が残ります。
ただし税金は各種免除制度があるので、まずは免除申請をしましょう。
自己破産まで追い詰められている状態であれば、全額免除ではなくとも減額の可能性は十分にあります。

 

また自己破産は申込者本人の借金が帳消しになるだけで、家族の借金や保証人に対する支払い義務までは消えません。
現在は中々無い例ですが、自己破産を業者が知った時点で連帯保証人に支払いを請求しに行くパターンがあります。

 

そして最後が、裁判所の判断で自己破産が認められないパターンです。
免責不許可といい、こうなってしまうと借金はそのまま残ってしまいます。
色々あるのですが、代表的なのが「ギャンブル・投資」で作った借金の場合は、自己破産が認められません。
とはいっても、正直にギャンブル・株で借金を抱えましたとは誰も申告しないでしょう。
しかし自己破産手続きをしていく上で、その事実が発覚すると自己破産はできません。

 

借金の理由、隠し財産、詐欺などで金銭を得ている場合、クレジットカード現金化なども免責不許可になります。
要するに、金銭的な嘘がバレてしまえばその時点で借金帳消しは不可能なのです。

 

自己破産が認められるのは、あくまで普通に生活していたのにどうにもならない事情で借金を抱えてしまった人のみです。
自業自得で抱えた借金は帳消しにならない事を覚えておきましょう。