法律について相談出来るところ

法テラスについて

法テラスと呼ばれる団体をご存知でしょうか。この団体は民事・刑事問わず様々な法的相談を受け付けてもらえる「日本司法支援センター」の愛称です。

 

『国が運営している総合法律相談窓口』です。
弁護士さんの仲介業を生業としている機関と思っていただければわかりやすいかもしれません。
ここは、総合窓口なので様々な法律相談へ乗ってくれます。
その時に最適な事務所を紹介してくれたり、そこを仲介して手続きを行ってくれたりします。

 

法テラスで行ってもらえるのは地域での法律サービスの相談・紹介、各法律相談に対しての法律家紹介などです。実際に実務に携わってもらえる拠点では無いので最終的には必要な法律事務所・法的機関に誘導されることになりますが、債務についての対応が遅れてしまっている現状が生まれている理由は何よりも相談する場所がわからないところから発生しているため、その点を補填するために存在している団体なのです。

 

法テラスへの相談は無料

 

法テラスは国が運営しているので、基本的に相談は無料です。
弁護士事務所もかなりの数がありますので、サービスに差はあります。
そういった問題は、法テラスであれば問題はないと思います。
また、弁護士を利用する際の弁護士費用の立替もしてくれます。
もちろん、立替だけではやってけないので、多少の手数料はかかりますが、初期費用などでお困りの方は便利だと思います。
兎に角入り口が広いことが法テラス最大のメリットになりますので、気軽に利用できるのが最大のメリットになります。

 

いくつかの法律支援に関する法律から生まれたのがこの法テラスです。
初め聞く方もいらっしゃいますが、相談件数や仲介件数もここ数年増加傾向とあり、徐々に名が知れ渡ってきた機関と思います。

 

目的って何だろう?

 

実際に民事不介入の鉄則がある警察などに民事案件の負債相談などに出向く方が多いため、対応ができないケースというのが散見されています。それらの状況を解消し、なるべくスムーズに法サービスを行き届かせるというのが目的の大前提にあります。その他法テラスに常駐する法律家も存在していますので場合によってはそのまま直接法律家に委託をして業務を遂行してもらえるようにすることも可能です。

 

国が設置している団体ですので利用に関しても安心感がありますし、何よりも相談する内容自体が限定されていないので気軽に相談できる部署としての信頼感もあります。認知度が高くなり利用頻度が高くなれば非常に有意義な存在では無いかと思います。

 

借金相談は法テラスと地元の弁護士さんとどちらがいい?

 

結論としてどっちがいいという明確な判断基準はありません。
実際相談だけならどっちでも大丈夫だと思いますが、手続きとなったらそれぞれの判断基準が変わってくると思います。
法テラスの立替制度に焦点を当てて、考えていきたいと思います。

 

法テラスが立替えられない費用

それは、「予納金」です。
これは、自己破産や民事再生を行った際に、裁判所へ払うお金となります。

 

この予納金は、法テラスの立替制度の対象外となっております。
ではその予納金はいくらぐらいかかるのか?というところが気になってきます。
これらは様々です。
自己破産・民事再生を行う理由や金額によって様々となります。
安かったら1万円少々ですが、高い場合は数十万円の費用が発生します。

 

予納金の金額によって、立替制度の検討をしてもいいと思います。
ですが、この予納金は基本的に個人で払う金額になりますので、支払い等は裁判所と相談を行うといいと思います。
また、一部の弁護士会では予納金を立替て弁護士費用と一緒に、請求という方法を取ってる場所もあります。

 

これを元に、法テラスと地元の弁護士さんどちらに相談をしたらいいのか?というところですが。
相談だけなら、法テラスが安定ですね。絶対無料です。
費用を伴いかつ、自己破産や民事再生といった裁判所を経由する手続きの場合は、かかる費用の比較を行い選ぶという感じでいいと思います。

 

それぞれ皆さん都合があると思いますので、その都合に合わせるのが一番かと思います。