キャッシングしすぎないために

借りすぎないようにするには

 

ご利用は計画的にという言葉はテレビコマーシャルなどでも従来から見聞きする機会が多いと思いますが、金融業者のサービスを利用するときの心得として有名な謳い文句でもあります。
ですが意外とこの計画的というのが実行出来ない人も非常に多いものです。理由としてはお金が必要になった時にまず調達するということが大切なので返済のことまで考えが回らないためです。

 

そうなるリスクも含めて借りすぎないようにするコツとしてはまず日々の間で何にどれだけのお金を使っているのかという把握をすることです。つまり今の生活でお金が足りないということは足りないだけの理由があります。収入が低いという点については明らかな事実かと思いますが、一番困るのは収入は困るはずが無いのに手持ちがなくなるという点です。その時には支出に無駄があることが明白ですので、そのムダを省いた上で残りいくら必要なのかというのを「考える間」が必要です。つまりこの考える間が計画を考える魔なのです。そして返済を滞り無く行うための今後の生活費の見積もりを立てます。そこで無理がない返済が可能と判断できた時に初めて必要額だけ借り入れをするのです。

 

借金をする理由に多いのは?

 

借り方については先述の考え方を用いることができればほぼほぼ問題は無いのですが、問題は借金をする理由です。その理由によっては借りすぎないようにするコツというよりも自分を制御する方法を見出す必要がある場合があるためです。

 

問題になることが多いのがギャンブルの依存です。自分では制御が効かないギャンブル依存症の可能性もあるためその場合は上記のコツなど無意味に等しくなります。
その他は定収入に対しての出費の肥大です。現在は特に定職につかない・つけない若者が急増しているという事実に含めて定職から離脱してアルバイトで生計を立てる中年層も増えているという事実もありますので、自分の生活水準に満たない収入しかない場合に借り入れを検討することがあるようです。

 

中には旅行計画のため、給料日までの生活費が足りない分の補填、各イベントの必要経費などで借り入れをする人も多いのですが、まとまって何年にもわたって多い理由というのが先の2つの理由です。そのため貸金業法も法改正を行って水準を厳しく設定したりしているのですが、それでも無計画な借り入れをして返済困難になり、最終的に信用情報に掲載されたり裁判になるなどの事例が増えているというのです。借り入れをする理由も今一度見直しが必要なのかもしれません。