キャレントは安心して借りれる金融なのか

キャレントの口コミ・評判 ブラックへの融資は甘いのか厳しいのか

中堅消費者金融で注目される口コミは、ブラック融資が甘いか厳しいかというのが殆どです。
というのも、経歴に傷がなく年収にも問題がない方は最初からテレビCMが流れるような大手に行くので、中堅消費者金融のスタートは「私でも借りられるか」な訳です。

 

そしてキャレントはそういう意味でいうと、ブラックで融資を受けるには相当厳しい部類に入ります。
インターネットフォームと信用情報でスピード審査される性質上、ブラックはどうしても弾かざるを得ません。
一応申し込みフォームには、過去のトラブル履歴を入力する欄がありますが、通るのは申し込みブラックか、過去の債務整理(自己破産以外)からかなり年月が経っている場合位だと思います。
基本的にキャレントは、金融事故歴がなく急にお金が必要になった人向けです。

 

評判自体は即日融資もかなり好意的に取られ、また電話における人間同士のやり取りもないので悪評は殆ど見られません。
審査自体も引っ張られるわけではないので、審査に落ちても腹を立てるというより次を探そうと思う人が大半なのでしょう。
ただそれは機械に文句を言ってもしょうがないというのが本当のところなので、ブラックの方は他の中堅消費者金融を当たりましょう。
フクホーを代表に、ブラック融資可のところはある程度存在します。

 

キャレントの審査が落ちるのはこんなケース

 

キャレントの審査は良くも悪くも杓子定規(コンピューター判断)なので、他の中堅に比べると落ちる可能性が高いと
いえます。
ブラック融資も可能性はゼロという訳ではないようですが、中々狭き門のようです。
大前提として、債務整理の場合は既に終わっているのに加え、ある程度期間が経っていないと難しいと思います。
法律上ブラックリストは5年〜10年で消えるのですが、悲しきかな消費者金融が調べれば殆ど過去のブラックも判明してしまうのです。
とはいえ中堅であれば、既に信用情報から消えているブラック履歴は殆ど問題ないと思います。

 

確実に駄目なのは多重債務を抱えているパターンです。
1社ならまだ希望もありますが、それ以上の借り入れがある場合(未返済は100%不可)は申し込むだけ無駄だといえます。
キャレントに限った事ではないのですが、ブラックの中でも一番厳しいのは延滞履歴です。
普通に考えれば、融資しても戻ってこない可能性が一番高いので当然なのですが…。

 

目安としては、1社〜2社なら他の中堅消費者金融を訪ねてみましょう。
フクホーやアローならば、総額次第ではまだ融資を受けられる可能性があります。
3社以上の場合、ある程度は断られる事を覚悟しておきましょう。
返済よりも債務整理の相談をするべきであり、借りて返す段階は既に通り過ぎているのです。

 

キャレントってどんな消費者金融なの?

 

キャレントは、インターネット申し込み専門の消費者金融です。
インターネットショッピングが始まり、インターネット専門の販売サイトができました。
そしてインターネット取引に便利なネット専業銀行が生まれ始め、ついにはインターネットキャッシングが登場したのです。

 

インターネットキャッシングに限った話ではないのですが、インターネット専業のメリットは何といっても場所と人件費が節約できるという事です。
実際は消費者金融なので、キャレントには会社の所在地がありますが、直接来店での申し込みには対応していません。
買い物でいうならレジ担当・清掃担当・案内(品出し)担当の店員さんが必要ない訳ですが、インターネット銀行やキャッシングでいうと窓口担当・電話担当の人件費が節約できます。
一応会員専用のフリーダイヤルがあるようですが、初回申し込み時には特に関係ありません。

 

逆にデメリットでいうと、審査関連に特例はありません。
直接会って話しても滅多にあるものではありませんが、ゼロと僅かな可能性には大きな差があるのも事実です。
審査は申し込みフォームに記入した情報と、その後の信用情報機関での経歴次第になります。

 

しかし細かな判断が必要ない分、融資が決定すれば基本即日(14時まで)での振り込みになります。
審査が通過する人にとっては最高の消費者金融であり、年率も大手消費者金融と全く変わらない最大18.0%です。