ブラックでも持てるクレジットカード

ブラックでもクレジットカードを持ちたいですよね

クレジットカードを持ちたいという方と、そうでない方の意識は環境の違いにあります。
日本国内で暮らしていると、一部の事情を除いてあまり感じないかもしれませんが、現金というのは一定の危険を孕んでいるのです。
簡単に言うと、盗られたらおしまいであり誰にでも使えてしまうという点ですね。

 

海外を歩く経験のある方は、身近にこの危険性を感じたことがあると思います。
別に海外全てが無法地帯という訳では当然ないのですが、日本人が海外を歩いている=お金持ちと判断されるのです。
これは実際にお金を持っているかどうかは関係がなく、日本人のイメージとしての問題ですね。
結果として、普通にしていても強盗などに狙われる可能性が跳ね上がってしまうのです。
当然ですが、強盗に襲われた経験のある方など極少数なので、いざ実際被害に合うと対処できる方などほぼいません。
例え護身術の心得があったとしても、かなり厳しいでしょう。

 

一度でも現金の危険性を感じた方は、総じてクレジットカードを持ちたくなります。
特に海外では両替の必要もありませんし、色々な事がスムーズに進むので必須のアイテムなのです。

 

しかしブラックの方は基本的にクレジットカードの審査には通りません。
過去に支払いを踏み倒した、未払いだった可能性が高いので、基本的にショッピング枠や分割払い、またはキャッシング機能が付いているクレジットカードを持つ資格はないと判断されるのです。

 

ブラックでも作れるカードってあるんです

 

ブラックの方が作れるクレジットカードというのは、実質一種類しかありません。
デビットカードと呼ばれる、借金機能のないクレジットカードです。
正確に言うとクレジットカードとは言えないのかもしれませんが、カードを持ちたいという方向けの代物なので、ブラックでも持てるクレジットカードと称されています。

 

簡単に言うと、デビットカードは登録銀行口座の残高の分だけ使えるクレジットカードです。
現金を持たずに手持ち資産の全てを安全に持ち歩く事が可能で、使いすぎる(ショッピング枠やキャッシング枠)事もありません。
ハッキリ言って機能はクレジットというよりプリペイドカードなのですが、外見はクレジットカードと全く変わりのない作りになっています。
クレジットカード自体をステータスと考える方にとっても、このデビットカードは有難い存在です。
最も、デビットカードの利用者や知っている人が見れば分かってしまう事もあるので、ステータスとして見せるのは危険です。
あくまで、クレジットカードを持っているという体裁を保つ役割だと思ってください。

 

日本国内ではそれほどメリットがないかもしれませんが、海外生活や海外出張での買い物の際にとても便利です。
買い物の際は両替することなく支払いが可能ですし、対応ATMでその国の通貨で残高をおろす事も可能です。
クレジットカードもそうですが、基本的に国外で効力を発揮するので、海外に行く機会がある方は必須のカードです。

 

ブラックでも借りたいと思ってクレジットカードを作りたいという方には不向き

 

当然なのですが、デビットカードにキャッシング枠はありません。
昔ならこの説明一つで済んだのですが、今現在はキャッシング枠のあるデビットカードという物も僅かながら存在します。
有名なのは、スルガ銀行のデビットカードです。

 

しかし、この場合もうデビットカードという名称が間違っているというか、当然キャッシング枠を利用する為の審査が存在します。
完全にデビットカードという名のキャッシングカードであり、当たり前ですがブラックの方はデビットカードという名称にも関わらず審査に通りません。
一応デビットカードの機能にキャッシング枠が付いているからこそデビットカードと称されているのですが、完全に別物です。

 

完全に言葉遊びになりますが、この先もしデビットカードで借りる事ができたとしても、確実にキャッシング審査は存在します。
無審査でデビットカードさえ持ってしまえば借りられるという事には絶対ならないので、できたとしてもそれは単に名前が違うだけの特殊カードなのです。

 

実際、借りられるのであればクレジットカードの審査に通りますし、そちらの方がカードローンとしての機能が豊富なので色々融通が利きます。
単にキャッシング目的ならばデビットカードを持たずに、ブラック融資可の中堅消費者金融を訪ねましょう。
クレジットカードもデビットカードも、基本的には買い物の為のカードでありキャッシング機能はおまけです。

 

三菱東京UFJ-VISAデビットカードの特徴や概要・申し込み方法を説明

 

三菱東京UFJ-VISAデビットカードは他のデビットカードと比べてもかなり特徴が多いカードで、色々なメリットがあります。
基本的なメリットをざっとまとめるとこんな感じです。

 

・年会費1080円(年10万円以上の利用で無料)
・キャッシュバックあり(0.2%〜0.5%、端数は切り捨て)
・15歳〜23歳の方は年会費無料
・ショッピング補償あり、不正利用時の損害補償あり

 

クレジットカードと勘違いしがちですが、これはデビットカードです。
そう考えると、中々良いメリットが揃っています。

 

15歳〜23歳の方は年会費無料とありますが、つまりは高校生からデビットカードが持てるという事です。
勿論条件としてUFJ銀行の口座を持っている必要があります。
ただ、これはメリットでもありデメリットでもあります。
金銭感覚が余程しっかりしていなければ、適切な口座残高の管理をするのは高校生には難しいでしょう。
見栄を張りがちな高校生に持たせると、口座残高の全てを使ってしまう可能性もあります。
勿論、高校生の口座残高自体それ程高額ではないでしょうが…。
個人的な所では、持たせるにしても大学生になってからでも遅くはないと思います。

 

申し込み自体は、デビットカードなのでとても簡単です。
口座番号や銀行窓口から手続きをして、カードのデザインを選び暗証番号とローマ字での本人氏名を入力するだけです。
銀行キャッシュカードの再発行の方が手続きが面倒なくらいですね。

 

現金をいつも持ち歩くのが不安な方は、一度三菱東京UFJ-VISAデビットカードを試してみては如何でしょうか。
銀行残高の範囲でいつでも買い物ができるというのは、突然欲しいものを見つけた時に便利です。
勿論、使いすぎには注意してくださいね。